男性をサポートするバイアグラ

バイアグラの効果は非常に高く期待している方も多くいますが、その反面で、バイアグラの副作用を心配している方も多くいらっしゃいます。

 

そして中には、バイアグラには怖い副作用があるものだと勘違いしている人も結構いるように感じます。

 

この背景においては、バイアグラを服用したことによって死亡してしまったというケースが大々的に報道されたからだと思います。

 

とは言いましても、実際のところは、バイアグラで死亡してしまったケースの全てが医師の診察を受けることなく服用してしまったということだけです。

 

では、医師に管理してもらい正しく服用した場合、副作用はどうなのでしょうか?

 

日本国内で行われた調査によりますと、バイアグラを服用している866人の中で、42例に44件の副作用が生じたという報告があります。

 

これは全体における僅か4.85%とほんの一部の患者さんに過ぎないのです。

 

また、副作用の内容を見てみましても、その全てが軽いものばかりであることがわかり、その発現率も非常に低いです。

 

ほてりが2.54%・視覚障害が0.58%・頭痛が0.46%・動悸が0.46%です。

 

このことから、医師の診断をしっかりと受けて処方し、指示されている量や回数を守り服用さえしていれば、重い副作用の心配はありません。